Apple Watch はいらない?知っておきたいメリット・デメリット7つ

PR
PR

Apple Watchが気になってるけど、やっぱりいらない?

あなたは今、このように思われていませんか?

Apple Watchが欲しいと思っても自分にはいらないものかもしれませんし、メリット・デメリットは事前に知っておきたいですよね。買ってから後悔したくありません。

この記事では、Apple Watchはいらないのか、知っておきたいメリット・デメリットをご紹介しています。

Apple Watchがあなたに必要なものなのか、ぜひ購入検討の材料にしていただけますと幸いです。

こんな人に向けて書いています
  • Apple Watchはいらないのか知りたい
  • Apple Watchがあるとどう嬉しいのか知りたい
  • Apple Watchのメリット・デメリットを知りたい

それでは行ってみましょう!

【Amazon】本日お得な
Apple Watchのアクセサリ製品

本日のお得なApple Watchバンド↓

本日のお得なApple Watch保護ケース↓

本日のお得なApple Watch保護フィルム↓

本日のお得なApple Watchモバイルバッテリー↓

本日のお得なApple Watch同時充電器↓

PR
目次

Apple Watchのデメリット7つ

まずはApple Watchのデメリットからご紹介します。

  • 通知がわずらわしい
  • 充電が面倒
  • iPhone機能とほぼ同じだから絶対必要とは言えない
  • Siriが誤反応する
  • 画面が小さくて見づらい
  • そもそもiPhoneがないと使えない
  • デザインが受け入れられない

一つずつ見ていきましょう。

デメリット1)通知がわずらわしい

Apple WatchはiPhoneの通知を全て受けることができます。

ポケットに入れたiPhoneなら気づかずスルーしてしまうような通知も、Apple Watchなら手首の振動・音で嫌でも気づきます。

そして通知の数が多いと、これがかなりのストレスに感じてしまうことがあります。

とはいうものの、アプリ単位で通知のオン・オフは切り替え可能なので、通知を減らすことはできます。

デメリット2)充電が面倒

使用状況にもよりますが、朝100%でも夕方にはおおむね約50%くらいになります。

バッテリーは増設もできず、そもそもの容量が少ないため最低でも1日1回充電を行う必要があります。これが人によっては面倒だったりします。

Apple Watchの充電に耐えるには次の要素が必要です。

  • 充電にあてる時間
  • 毎日充電する習慣
  • 専用の充電ケーブル

充電をする絶好のタイミングはお風呂や夕食の時間帯です。およそ1時間半ほどでフル充電になるので、このタイミングで充電する習慣を身につければ面倒さも解消できます。

また、Apple Watchの充電には専用のケーブルが必要です。本体購入時に付属しますが、LightningケーブルやUSBケーブルでは代用できないので注意が必要です。

あと、バッテリー問題を回避できる方法として2台持ちをするという手もあります。

以下の記事でご紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

デメリット3)iPhone機能とほぼ同じだから絶対必要とは言えない

Apple WatchはiPhoneをより便利に活用するためのデバイスでもあります。

これがないと困るというものは少ないので、絶対必要なものとは言い難かったりします。

Apple Watchのメイン機能を列挙すると次のようになります。

  • 時間の確認ができる
  • メッセージやメール受信を通知してくれる
  • キャッシュレス決済(電子マネー・Apple Pay)が使える
  • 音楽を聴ける・操作できる
  • 心拍数や睡眠を測定できる

これを見ると、心拍数や睡眠の測定以外は全てiPhoneでできてしまうことがわかります。

逆にApple Watchだけで生活するのは難しいのが実情です。ネットサーフィンなどは基本的にできません。

「WatchTube」というアプリでYouTubeの視聴は可能ですが、画面が小さいので長時間視聴するには向きません。

デメリット4)画面が小さくて見づらい

small

一般的な腕時計のように時刻確認するだけなら問題ありませんが、Apple Watchの小さい画面でアプリや設定を細かく操作するのは辛いというのもあります。

たくさんインストールされているとアプリを探すだけでも一苦労です。ミスタップも起こりやすいです。

「グリッド表示」でアプリを探しにくい場合は「リスト表示」を試してみてください。あいうえお順に並ぶので上から探しやすくなります。

またよく使うアプリは文字盤に配置すればワンタップでアクセスできるので探す手間が省けますよ。

デメリット5)そもそもiPhoneがないと使えない

iphone

Apple WatchはそもそもiPhoneがないと使い始められません。初期設定にiPhoneが必要だからです。

また、AndroidスマホではApple Watchの機能を全て使うことができません

セットアップだけiPhoneを使い、その後Androidスマホと一緒に使うことも可能ですが、それでは全ての機能を使うことができず宝の持ち腐れになってしまいます。

AndroidスマホユーザーにとってApple Watchはいらないものと言わざるを得ません。AndroidスマホユーザーならGoogleの「Wear OS」搭載のスマートウォッチや、「Pixel Watch」を使うのが良いです。

WearOS搭載スマートウォッチ

Pixel Watch

デメリット6)デザインが受け入れられない

Apple Watchは四角というちょっと変わったデザインをしています。

お世辞にも高級腕時計のようなファッション性・希少性・ステータス性に優れたデザインとは言い難いのが実情です。

Apple Watchはあくまでウェアラブル情報端末であり、小さなスマホのような存在であると理解する必要があります。

また、最近では身につける人も多くなり、見た目が被ってしまうことも多いです。

見た目に個性を出したいなら保護カバーやバンド、文字盤をカスタマイズする必要があります。

デメリット7)Siriが誤反応する

siri

普段の会話を拾ってSiriが誤反応することがあります。

勝手にSiriが喋り出すので、かなり焦ります

ただ頻発する場合には「”マナーモード”をON」するか「”音声で知らせる”をオフ」にすれば音声を消せます。このほか、「”手首をあげて話す”をOFF」にするとSiriは反応しなくなります。

Apple Watchのメリット7つ

続いて、Apple Watchのメリットもご紹介していきます。

これを使いこなすとApple Watchが手放せなくなるくらい生活レベルが上がります。

  • iPhoneを取り出す必要がない
  • キャッシュレス決済で支払いがスマートになる
  • 通知は確実に気付けるから見逃さない
  • iPhoneを探せる
  • Macのロックを解除できる
  • 健康測定機能が充実している
  • 見た目をカスタマイズしやすい

こちらも一つずつ見ていきましょう。

メリット1)iPhoneを取り出す必要がない

iphone bag

時刻の確認はもちろん、LINE・メッセージ・メールの閲覧と返信、電話応対、タイマー・アラーム機能、カレンダー・予定の確認、天気のチェック、メモ帳やリマインダーの活用、マップの道案内 など様々な機能をApple Watchで使うことができます。

そのためiPhoneをポケットやカバンからイチイチ取り出す必要がなく、日々の生活がとてもスマートになります。

メリット2)キャッシュレス決済で支払いがスマートになる

キャッシュレス決済が使えるのでお店や自販機での支払いがとてもスマートになります。

このときiPhoneを必要としないこと。一度クレジットカードなどを登録してしまえば、腕に着けた直後のパスコード入力のみで支払いできるようになります。

対応する決済方法の一例は次のとおり。最新の対応状況はApple公式サイトで確認できます。

  • Apple Pay
  • ID
  • QUICK Pay
  • Suica
  • PASMO
  • nanaco
  • WAON
  • PayPay などなど
  • Apple WatchにSuicaを登録するとiPhone側からは消えるので注意しましょう。
  • ローソン限定ですがApple Payはキャッシュレス決済時に自動でPonta・dポイントを貯めることができます。

>> Pontaについてはこちら

>> dポイントについてはこちら

メリット3)通知は確実に気付けるから見逃さない

notice

iPhoneで受け取ることがのできる通知はApple Watchでも受け取ることができます。

手首に着けたApple Watchが振動したり音が鳴ったりするので、大切な通知を見逃すことがなくなります。

さらにアプリを起動せずとも、通知のポップアップだけで概要がわかるので、すぐ確認が必要か・後でも大丈夫かの判断がサッとできるのも良いです。

メリット4)iPhoneを探せる

seek

家でiPhoneをどこに置いたのかわからなくなった経験はないでしょうか。

Apple Watchは近くにあるiPhoneを鳴らしたり・光らせたりできるので、この機能を使えばすぐに見つけ出すことができます。

やり方はとっても簡単です。

▼iPhoneを鳴らす(+光らせる)方法

  1. Apple Watchの画面を下から上に向かってスワイプ。
  2. iPhoneのアイコンをタップ。
    長押しすれば「鳴らす+光らせる」ことができます
Apple WatchでiPhoneを鳴らす

メリット5)iPhoneとMacのロックを解除できる

Apple WatchはiPhoneとMacのロックを解除することができます。

マスク姿でもiPhoneのロックを解除ができるのは非常に便利です。ちなみに、iPhone12以降の最新OSならiPhone自体にマスク姿でロック解除できる機能を備えますが、不具合も散見されるのでApple Watchによる解除があるとよりスムーズですよ。

Macの解除もApple Watchに任せておけば、いちいちスリープ後にパスワードを入力せずに済むのでラクです。

メリット6)健康測定機能が充実している

Apple Watchの目玉機能とも言える健康測定機能は非常に充実しています。

たとえば、次があります。

  • 睡眠
     睡眠時間や深さ、質を記録できる
  • 心拍数
     心拍数を測定でき、乱れた場合に通知できる
  • 周期記録
     生理の周期を記録できる
  • ワークアウト
     多種多様なスポーツなどの運動結果を記録できる
  • アクティビティ
     運動量、エクササイズ時間、立った回数を記録できる
  • マインドフルネス(呼吸)
     画面に合わせて呼吸、集中力UPやリフレッシュできる
  • 心電図(ECG)
     心電図の測定ができる
  • 血中酸素ウェルネス
     血液中の酸素量を測定できる

・SEは、心電図や血中酸素飽和度の測定ができません。
・Series 8 や Ultraは、皮膚温センサーを搭載するので、より精度の高い周期記録が使えます。

どれも身近で私たちの健康管理に役立つものばかりです。

健康への意識や習慣づけ、毎日をより健康に過ごすために活用したい機能です。

メリット7)見た目をカスタマイズしやすい

気分やシーンに応じて見た目をカスタマイズできるのもメリットの一つです。

これは、他のスマートウォッチではなかなか体験できないものです。

Apple Watchではおおよそ次の3つのカスタマイズが行えます。

  • → 文字盤をカスタマイズできる
  • → バンドを変えられる
  • → ケース・カバーで見た目を変えたり保護できる

→ 文字盤をカスタマイズできる

ビジネスやフォーマルで使えるもの・かわいいもの・一目でたくさんの情報を確認できるものなど、デザイン性だけでなく実用性にも富んだ文字盤が揃っています。あのNikeとコラボしたかっこいい文字盤もあります。

文字盤はいわば腕時計の顔です。気分やシーンに応じてデザインを一瞬で変えられるのはApple Watchならではと言えます。

バンドを変えられる

Apple純正品だけでなくサードパーティ製バンドも充実しています。カジュアル向けやスポーツ向け、高級感があるものだったり、ブランドものだったり。

Apple Watchが出た頃と比較すると最近のサードパーティ製バンドは本当に高品質。純正品に引けを取らずデザイン性も高く、ファッションコーデのワンポイントにもなります。

長年使っているものから気分を変えたり、用途別に何本か用意するのも楽しいです。

Amazonで本日のお得なApple Watchバンド↓

ケース・カバーで見た目を変えたり保護できる

保護ケースや保護カバーのラインナップが多種多様であることもApple Watchの魅力の一つです。

ケースをつけるだけで可愛い見た目やかっこいい見た目など、Apple Watchを全く別のウォッチへと変化させることができます。

それだけでなく、ケースを付ければ傷や衝撃からApple Watchを保護する効果も期待できます。

Amazonで本日のお得なApple Watch保護ケース↓

「文字盤」「バンド」「ケース」を組み合わせてカスタマイズすれば、世界にたった一つだけの自分だけのオリジナルウォッチが完成します。ぜひ、気分やシーンに応じてあなただけのApple Watchを作ってみてくださいね。

ほかにも多くの機能やメリットがある

many happy things

上でご紹介した機能やメリットは実はほんの一部。

Apple Watchはほかにもたくさんの機能を搭載しています。

音楽操作(ミュージックアプリの操作)、カメラリモート(集合写真でWatchの画面で位置確認しながら遠隔シャッター)、ショートカット機能(決まった時刻に文字盤を変える など)、AssistiveTouch(片手のダブルピンチ操作でApple Pay) などなど。

自分に役立つ機能を見つけるのもApple Watchの楽しむ一つだったりします。

Apple Watchは本当にいらない?

一概にはそうは言えず「人それぞれ」というのが答えです。そう、あなた次第なんです。

と言いつつも、自分に合うのかわからないからこの記事に辿り着いてくださっているはず。

以下で「いらない人(向いていない人)」「いる人(向いている人)」をまとめています。

あなたがどちらになるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

Apple Watchがいらない人(向いていない人)

  • Androidスマホユーザー
  • デザインが受け入れられない人
  • 通知や充電を気にするのが面倒な人

Androidユーザーは満足に機能を使いこなせないのでApple Watchは向きません。

また、スクエア型の本体デザインが受け入れられなかったり、手首からの通知をわずらわしいと思ったり、充電するのが嫌だという方はApple Watchはいらない、向いていないと言えるでしょう。

Apple Watchがいる人(向いている人)

apple watch
  • 買い物や交通機関の支払いをラクに済ませたい人
  • iPhoneなどのApple製品をより便利に使いたい人
  • 健康や運動を管理して生活習慣を改善したい人

お店のリーダーにかざすだけなのでApple Watchのキャッシュレス決済は本当に便利です。これのためにApple Watchを購入しても良いとも言えるメイン機能です。ショッピングがスマートになるだけでなく、駅の改札もサッと通れます。

このほか、他のApple製品との相性も抜群。「iPhoneのミュージックアプリ操作」「マスク姿でのiPhoneロック解除」「Macのロック解除」「iPhoneカメラを使ったリモート撮影」「メモ・リマインダーアプリとの同期」「Apple TV・HomePodとの連携」など、本当に様々な生活シーンがよりスマートになります

睡眠記録やワークアウト測定機能を活用すれば、ダイエットや健康意識の改善、生活習慣を見直すきっかけにもなるでしょう。結果をあとから見返せるので、運動習慣を継続させるモチベーションアップにも繋がります。

こういった機能やメリットに魅力を感じる人はApple Watchに向いていると言えます。

Apple WatchやApple製品を買うならどこがオススメ?

アップルウォッチはどこで買うのがおすすめ?

おすすめはamazonです。理由は次の通りです。

  • Apple公式ストアが販売(公式だから安心)
  • 他ECサイトに比べ割安(特にプライムデーなどのセール時は無茶苦茶安い)
  • ポイントが貯まる(超お得、プライム会員は高還元率
  • 配送が早い(いち早く製品とご対面)
  • AppleCare+もつけれる(安心の保証)

これらの理由から、Apple WatchやApple製品は、amazonで買うのがオススメです。

AmazonにApple Watchを見に行く
AmazonにApple製品を見に行く

さらに!

AmazonにApple Watchを見に行く
AmazonにApple製品を見に行く

【Amazon】本日お得な
Apple Watchのアクセサリ製品

本日のお得なApple Watchバンド↓

本日のお得なApple Watch保護ケース↓

本日のお得なApple Watch保護フィルム↓

本日のお得なApple Watchモバイルバッテリー↓

本日のお得なApple Watch同時充電器↓

まとめ —— Apple Watchがいらないかはあなた次第!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Apple Watchはいらないのか、知っておきたいメリット・デメリットなどをご紹介してきました。

まとめると、以下のようでしたね。

デメリット・メリット

いらない理由
デメリット
知っておきたい便利機能
メリット
  • 通知がわずらわしい
  • 充電が面倒
  • iPhone機能とほぼ同じだから絶対必要とは言えない
  • Siriが誤反応する
  • 画面が小さくて見づらい
  • そもそもiPhoneがないと使えない
  • デザインが受け入れられない
  • iPhoneを取り出す必要がない
  • キャッシュレス決済で支払いがスマートになる
  • 通知は確実に気付けるから見逃さない
  • iPhoneを探せる
  • Macのロックを解除できる
  • 健康測定機能が充実している
  • 見た目をカスタマイズしやすい

いらない人(向いていない人)・向いている人

いらない人
(向いていない人)
向いている人
  • Androidスマホユーザー
  • デザインが受け入れられない人
  • 通知や充電を気にするのが面倒な人
  • 買い物や交通機関の支払いをラクに済ませたい人
  • iPhoneなどのApple製品をより便利に使いたい人
  • 健康や運動を管理して生活習慣を改善したい人

Apple Watchがいらないかは、あなた次第です。

ぜひメリット・デメリットからあなたに向いているアイテムなのかをイメージされてみてくださいね。

この記事が、Apple Watchを購入する検討材料になっていれば幸いです。

ほかにもこんな記事がおすすめ!

Apple Watchと一緒に便利なアクセサリ製品を揃えよう!

Apple Watchライフをよりスマートに過ごすために、便利なアクセサリ品も一緒に揃えましょう!

Apple Watchの見た目そのまま!画面保護フィルム!

画面全体をしっかり保護!全面保護ガラス!

画面と本体をしっかり守る!ケースカバー!

堅牢性を高めたバンド一体型ケース!

実用的な「スポーツループ」バンド!

女性にぴったりなおしゃれでかわいいバンドも!

フォーマルで活躍!機能的なDバックルのステンレスバンド!

ビジネスやプライベートでも!Hermès風レザーバンド!

手首に着けない!腕に着用するバンドも!

ストラップでアクセサリー風にもできちゃう!

インテリア的にもGood!スタイリッシュな充電スタンド!

高速充電対応の高性能充電スタンド!

iPhoneやAirPodsも一緒に充電できるハイエンド同時充電器!

コンパクトでリーズナブルな同時充電器も!

PCがあればどこでも充電可能!USB充電器!

旅行や持ち運びに便利な折りたたみ充電器!

iPhoneも充電できるモバイルバッテリー!

バンドが増えてきたら収納ケース!

ワイヤレスイヤホンといえばAirPods Pro!

Siri対応電球でお家をスマートホームに!

お家の鍵をスマートセキュリティ化して声で操作!

アクセサリー製品は以下の記事でもまとめてご紹介しています!


Apple Watch 9 / SE(第二世代) / Ultra 2 ▼

Apple Watch 8 / Ultra ▼


▼ Apple Watch 7 / 6 / SE / 3


※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

※ 本サイトのリンクには一部アフィリエイトリンクが含まれることがあります。

※ 本サイトは著作権・肖像権等の権利侵害を目的としたものではございません。問題がある場合にはお問合せフォームよりご連絡ください。迅速に対応致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次