iPhone も使える Apple Watch 同時充電器おすすめ12選!

iPhone、Apple Watch、ついでにAirPods!Apple 製品を同時に充電したい!

今あなたは、iPhone と Apple Watch などを同時に充電できる充電器をお探しではありませんか?

充電する機器数が増えると、ケーブルはぐちゃぐちゃに絡まわ、場所は取るわ、でインテリア的にスッキリしませんよね。そんな時におすすめなのが複数の機器を一緒に充電できる同時充電。

この記事では、iPhone と Apple Watch、ついでに AirPods なんかも同時に充電できるおすすめの充電器をご紹介しています

この機会に、スッキリとしたインテリアで、スマートな充電環境を手に入れられてみてはいかがでしょうか。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)

目次

まずは注意点をご紹介!

まずは、Apple Watch の充電器選びに関する注意点をご紹介します。

  • Apple Watch は専用の充電機器を用意しよう!
  • 同時充電時は20W以上の電源アダプタを用意しよう!

Apple Watch は専用の充電機器を用意しよう!

Apple Watch charging cable
引用元:Amazon

Apple Watchは、iPhoneの充電で使用するLightningケーブル、iPad Proなどで使用するTyape-Cケーブル、このほか、ワイヤレス充電(Qi)規格では充電できません

Apple Watch 裏面にペタッと磁石でくっつけることのできる丸い専用の充電機器が必要です。とくに、ワイヤレス充電で代用できると勘違いされているケースが非常に多いので、ぜひ、Apple Watch は専用の充電機器が必要であることを覚えておいてくださいね!

なお、同時充電器においては、Apple Watch 購入時に付属する充電ケーブルが必要になるものと、コネクタ部分が内臓されているもの(ケーブルが不要なもの)とがありますので、どちらがあなたのスタイルに合っているのか、ぜひ気にして製品情報を確認されるようにしてくださいね。

同時充電時では20W(ワット) 以上の電源アダプターを用意しよう!

同時充電器は、低いW (ワット)数 の電源アダプターでは電力不足で充電速度が低下したり全く充電できない事態に陥ることがあります

そのため、20W(ワット) 以上の電源アダプターなど、全ての機器のW(ワット)数の合計を網羅する電源ダプターを使用するようにしましょう

例えば…

iPhone が 15W、AirPods が 5W、Apple Watch が 5W、という場合にはこれらの合計を網羅する30Wの電源アダプターを使いましょう。

30Wの電源アダプターにはこんな製品があります

同時充電製品によっては、対応しない電源アダプターがありますので、製品情報をよく確認なさってくださいね。
(例)「Apple Magsafeデュアル充電パッド 」は、「Apple 29W USB-C 電源アダプタ」で充電できない など

iPhone も使える Apple Watch 同時充電器の選び方とおすすめ12選

それでは、iPhone も使える Apple Watch おすすめ同時充電器を選び方ごとにご紹介していきます。

選び方には大きく次の観点があります。

  • キャパシティ——何を何台充電したいか
  • スペック重視——高速充電したい
  • デザイン重視——映えさせたい、どう省スペースにしたいか
  • コスパ重視——リーズナブルを重視したい
  • ポータビリティ重視——持ち運びたい

それぞれについてのおすすめもご紹介していきますね。

キャパシティ——何を何台充電したいか

同時充電器を検討する上で、選び方の観点としてベースになるのが、何を何台充電したいかです。

ほとんどの製品が概ね以下のスタイルに集約されます。なお、中にはもっと数多くの機器を充電できるものもあります。

何を何台充電したいか…
  • 2in1(2台同時充電)① iPhone + ② AirPods または Apple Watch
  • 3in1(3台同時充電)① iPhone + ② AirPods + ③ Apple Watch
  • 4in1(4台同時充電)①② iPhone + ③ AirPods + ④ Apple Watch

etc…

高速充電や充電台数が多くなるとそれだけ大きな電力が必要となります。そのため今現在、Apple純正品やMFi認証品は、2in1 や 3in1 が主流です。

キャパシティの観点は、同時充電器を検討する上で非常に重要な観点ですが、これだけではおすすめは選べません。この観点をベースに以下でご紹介する他の観点を組み合わせて、あなたにマッチする充電器を探しましょう

スペック重視——高速充電したい

同時充電しつつ高速充電したい場合は、W(ワット)数が高く、高速充電の規格に対応する充電器を選びましょう

各デバイスを高速充電するには、次のW(ワット)数と、規格が必要となります。

・iPhone の高速充電に必要な条件

W数:15W 供給できる充電器
規格:MagSafe充電に対応する充電器
※ iPhone側は、(マグネットで引っ付くだけでなく)MagSafe充電に対応する iPhone である必要がある

・Apple Watch の高速充電に必要な条件

W数:5W 供給できる充電器
規格:新しい高速充電の規格に対応する充電器
※ Apple Watch側は、( 6 以前や SE でなく)Apple Watch Series 7 である必要がある

これらの条件を満たす同時充電器は、今現在、Belkin製 の同時充電器がダントツに強いです。あのApple純正を差し置いてもです。

Belkin製の充電器はApple公式サイトでもラインナップされ、MFi認証製品として取り扱われていますので、このあたり、餅は餅屋にという方針なのかもしれませんね。

スペック重視で選ぶおすすめ同時充電器

■ 2in1
■ 3in1

縦長型

横長型

デザイン重視——映えさせたい、どう省スペースにしたいか

選び方の観点として、デザインを重視するというのもあります。

デザインが良くオシャレな充電器なら、デスクやリビング・キッチンなどで映えること間違いありません。きっとそんなインテリアなら仕事や日常でのモチベーションも上がるでしょう。

ここで大事なのは、どう省スペース化するか、です。同時充電器は各デバイスの充電器と充電ケーブルを1つに集約し、省スペース化を実現することができます

その際、縦長のデザインにするか・横長のデザインにするか、というのがひとつの焦点になります。他の家具やモニター、キーボードなどに干渉しないよう、周りの状況に合わせてあなた好みのデザインを選んでくだいね。

デザイン重視で選ぶおすすめ同時充電器

■ 2in1
■ 3in1

縦長型

横長型

コスパ重視——リーズナブルを重視したい

とにかくコスパを重視したい、というのも観点の一つですよね。

各機器の充電器を揃えるより同時充電器のように集約された充電器を調達する方が安くつくことが多いですが、その中でも、さらに選(よ)りすぐってリーズナブルで性能の高い製品を求める方も多いと思います。

市場には、リーズナブルながら使用感の良い同時充電器はたくさんあります。ぜひ、予算に合わせてあなたにぴったりの充電器を選びましょう。

コスパ重視で選ぶおすすめ同時充電器

■ 2in1

ドックタイプ

ケーブルタイプ

■ 3in1

縦長型

横長型

ポータビリティ重視——持ち運びたい

持ち運んで充電したい、という方も多いでしょう。

据え置きとしての用途だけでなく、コンパクトだったり・折りたためたりと持ち運びに優れた同時充電器も中にはあります

外出や旅行先などで複数の機器を同時に充電するシーンが多い方は、ポータビリティ性に優れた充電器が便利でおすすめです。

ポータビリティ重視で選ぶおすすめ同時充電器

■ 2in1
■ 3in1

Apple WatchやApple製品を買うならどこがオススメ?

アップルウォッチはどこで買うのがおすすめ?

おすすめはamazonです。理由は次の通りです。

  • Apple公式ストアが販売(公式だから安心)
  • 他ECサイトに比べ割安(特にプライムデーなどのセール時は無茶苦茶安い)
  • ポイントが貯まる(超お得、プライム会員は高還元率
  • 配送が早い(いち早く製品とご対面)
  • AppleCare+もつけれる(安心の保証)

これらの理由から、Apple WatchやApple製品は、amazonで買うのがオススメです。

さらに!

まとめ

喜ぶ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、iPhone と Apple Watch、ついでに AirPods なんかも同時に充電できるおすすめの充電器をご紹介してきました

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)

デバイスごとに充電していると、電源アダプターや充電ケーブルがどんどん増えて、絡まってインテリア的にスタイリッシュではありません。そうなると、モチベーションも下がってしまいます。

これを機会に、iPhone と Apple Watch など、複数デバイスを同時充電できる環境を整え、スッキリしたインテリアで、スマートかつスッキリした気持ちで日常を過ごされてみてくださいね。

 今回ご紹介した製品 


Apple Watch 8 / SE2 / Ultra ▼

Apple(アップル)

▼ Apple Watch 7 / 6 / SE / 3

Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる