【超カンタン!】Apple Watchバンドの付け方 & 外し方!【コツ解説】

Apple Watchのバンドってどうやったら上手く付け・外しできるの?

引っかかってスムーズに外せないのだけど…

確かにApple Watchのバンドは、付け外しがうまくいかないことがありますよね。

実は、スムーズに付け外しするにはちょっとしたコツが必要です。

この記事では、Apple Watchバンドの付け方・外し方のコツを解説しています。

ぜひ、スムーズにバンドを付け替えて、色々なシーンやファッションに合わせたバンドを楽しんで頂ければ幸いです。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)

目次

外し方のコツ

おすすめ

ではさっそく外し方のコツをご紹介していきます。コツは次の3点です。

  1. 本体を持つ手で本体裏の解除ボタンを押し続ける
  2. バンドは本体側へ押しながら横にスライドする
  3. 少しでもスライドしたら解除ボタンは離してOK

これだけです。一つずつ解説しますと…

① 本体を持つ手で本体裏の解除ボタンを押し続ける

① 本体を持つ手で本体裏の解除ボタンを押し続ける

必ず本体を持つ手で、本体裏にある解除ボタンを押し続けます。

間違っても、バンドを持つ側の手で解除ボタンを押さないようにしましょう。これではバンドが動かせません。結構やってしまうので要注意です…

② バンドは本体側へ押しながら横にスライドする

② バンドは本体側向かって押しながら横にスライドする

取り外す方向だけではなく、本体側に押しながら横にスライドするとスマートに外すことができます。

なお、下へずらすより、上にずらす方が外しやすいです。なぜなら、下へずらす際に反対側の薬指が邪魔をするから。ラグがスライドする先に指があると、当然ラグは動きません。上なら邪魔する指がありませんよね。

といいつつもこの辺りは、人によって指の長さや癖で変わってきますので、逆に人差し指が上へのスライドを邪魔するような場合は下へスライドさせてみてくださいね。

ラグとは?

バンドとApple Watch本体の接続パーツを「ラグ」と言います。他にも「ベルトアダプター」「ベルト交換アダプター」「交換金具」「コネクトパーツ」「連結器」など、色々な呼ばれ方をしています。こんなパーツです。

③ 少しでもスライドしたら解除ボタンは離してOK

③ 少しでもスライドしたら解除ボタンは離してOK

少しでもラグをずらすことができれば、解除ボタンは離してしまって大丈夫です。そのままズラして取り外しましょう。

どうしてもバンドが外れない時は?

どうしてもバンドが外れない時は、Apple サポートに相談しましょう。

最近のサードパーティ製品の品質は高くなったとはいうものの、時々外れなくなってしまうこともあるようです。

故障の修復はおよそ4万円ほど。無理に外そうとすると痛手の出費を負うことになりかねません。どうしても外れない時は、ぜひAppleサポートに相談してみてくださいね。

付け方のコツ

付けるときは本体裏のボタンを押さなくて良いので非常に簡単です。

本体の凹みにラグの端っこをセットしたら、ゆっくりスライドしていきましょう。

ほとんどのラグで、ぱちっと音がするので、そこまでできればセット完了です。

このとき、表と裏を間違えないようにしましょう。ラグにある黒く丸いパーツがある方が表です。凹んでいたり、黒い丸いパーツがついていない方は裏面ですので間違えないように注意しましょう。間違えるとバンドが本体に固定されず、ズレてしまいやすい状態になります。

バンドサイズの選び間違いにご注意を!

check

バンドサイズの選び間違いにはご注意ください。

バンドサイズは、Apple Watchの本体サイズを基準にして、「小さいサイズ」と「大きいサイズ」のどちらかに分類されます。

具体的に一覧表にすると、次のようになります。

Apple Watch のバンドサイズ対応表
本体サイズUltraSeries 7 ~ 8Series 4 〜 6, SESeries 3
バンドサイズ49mm41mm45mm40mm44mm38mm42mm
38mm
40mm
41mm
42mm
44mm
45mm
49mm

本体サイズが違っても、同じバンドサイズであれば互換性があります

つまり…
  • Series 7の「41mm」、Series 4~6, SEの「40mm」、Series 3の「38mm」は小さいサイズに分類され、これらの間に互換性があります(小さいサイズのバンドを使い回すことができます)。
  • Series 7の「45mm」、Series 4~6, SEの「44mm」、Series 3の「42mm」は大きいサイズに分類され、これらの間に互換性があります(大きいサイズのバンドを使い回すことができます)。

サイズの合わないバンドは残念ですが使えません(使うと破損などの原因になります)。検討中のバンドサイズとお手元のApple Watchの本体サイズがマッチしているか、よく確認されるようにしてくださいね。

Apple Watchと一緒に便利なアクセサリ製品を揃えよう!

Apple Watchライフをよりスマートに過ごすために、便利なアクセサリ品も一緒に揃えましょう!

Apple Watchの見た目そのまま!画面保護フィルム!

画面全体をしっかり保護!全面保護ガラス!

画面と本体をしっかり守る!ケースカバー!

堅牢性を高めたバンド一体型ケース!

実用的な「スポーツループ」バンド!

女性にぴったりなおしゃれでかわいいバンドも!

フォーマルで活躍!機能的なDバックルのステンレスバンド!

ビジネスやプライベートでも!Hermès風レザーバンド!

手首に着けない!腕に着用するバンドも!

ストラップでアクセサリー風にもできちゃう!

インテリア的にもGood!スタイリッシュな充電スタンド!

高速充電対応の高性能充電スタンド!

iPhoneやAirPodsも一緒に充電できるハイエンド同時充電器!

コンパクトでリーズナブルな同時充電器も!

PCがあればどこでも充電可能!USB充電器!

旅行や持ち運びに便利な折りたたみ充電器!

iPhoneも充電できるモバイルバッテリー!

バンドが増えてきたら収納ケース!

ワイヤレスイヤホンといえばAirPods Pro!

Siri対応電球でお家をスマートホームに!

お家の鍵をスマートセキュリティ化して声で操作!

アクセサリー製品は以下の記事でもまとめてご紹介しています!

Apple WatchやApple製品を買うならどこがオススメ?

アップルウォッチはどこで買うのがおすすめ?

おすすめはamazonです。理由は次の通りです。

  • Apple公式ストアが販売(公式だから安心)
  • 他ECサイトに比べ割安(特にプライムデーなどのセール時は無茶苦茶安い)
  • ポイントが貯まる(超お得、プライム会員は高還元率
  • 配送が早い(いち早く製品とご対面)
  • AppleCare+もつけれる(安心の保証)

これらの理由から、Apple WatchやApple製品は、amazonで買うのがオススメです。

さらに!

Apple Watchのアクセサリ品も勢揃い!
&ポイント還元でめっちゃお得!

本日のお得なApple Watchバンド↓

本日のお得なApple Watch保護ケース↓

本日のお得なApple Watch保護フィルム↓

本日のお得なApple Watchモバイルバッテリー↓

本日のお得なApple Watch同時充電器↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Apple Watchのバンドの付け方・外し方のコツを解説してきました。

ぜひ、スムーズにバンドを取り替え、いろんなバンドをストレスフリーに楽しんでいただければと思います。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)


Apple Watch 8 / SE2 / Ultra ▼


▼ Apple Watch 7 / 6 / SE / 3


※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

※ 本サイトのリンクには一部アフィリエイトリンクが含まれることがあります。

※ 本サイトは著作権・肖像権等の権利侵害を目的としたものではございません。問題がある場合にはお問合せフォームよりご連絡ください。迅速に対応致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる