知ってた?Apple Watch Siri の便利な呼び出し方【4つ】

Apple Watch でどうやって Siri を使うの?

あなたは今このような疑問をお持ちではありませんか?

Apple Watchの便利機能の一つと言える「Siri」。このSiriをApple Watchで使うとき、あなたはどうやって起動していますか?実はこのSiri、いくつかの呼び出し方があります

この記事では、Apple WatchでSiriを呼び出す方法を4つご紹介しています

ぜひあなたのスタイルにピッタリな方法でSiriを活用されてください。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)

目次

Apple Watch で Siri を呼び出す方法4つ【設定方法も!】

Apple WatchでSiri を呼び出す方法を4つご紹介します。

  1. 手首を上げて「Hey Siri」と呼びかける
  2. 手首を上げて要件を直接話す
  3. デジタルクラウンを長押しして話す
  4. Siri の文字盤をタップして話す

ひとつずつ見てきましょう。

① 手首を上げて「Hey Siri」と呼びかける

手首を上げて「Hey Siri」と呼びかける方法です。

もはや解説不要なSiriの呼び出し方ですよね。

なお、設定されていないと「Hey Siri」と呼びかけても反応してくれません。

設定は以下の方法で行います。

■ iPhone から確認する場合:
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「”Hey Siri”を聞き取る」をオン
■ Apple Watch から確認する場合:
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「”Hey Siri”を聞き取る」をオン

② 手首を上げて要件を直接話す

続いては、「WatchOS 5」から搭載されたSiri の呼び出し方、「手首を上げて要件を直接話す」です。

コツは、デジタルクラウンの下にあるマイク部分に口元を近づけて話しかけることです。

しかし、あまり感度がよくないのも事実です。「Hey Siri」と話しかけたり、次でご紹介するデジタルクラウンを長押しして話す方がスマートかもしれません。

使用できるようにするための設定は次のとおりです。

■ iPhone から確認する場合:
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「手首を上げて話す」をオン
■ Apple Watch から確認する場合:
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「手首を上げて話す」をオン

③ デジタルクラウンを長押しして話す

Apple Watch 横についている円柱型のボタンをデジタルクラウン(Digital Crown)と呼びます。

これを長押しすることで、Siriが起動します。そのあとは、Siriにお願いしたいことを話しかけるだけです。

物理的操作が必要ですが、両手が塞がっていない限りは起動ミスがないためこの方法が一番スマートかもしれません。

使用するための設定は以下のとおりです。

■ iPhone から確認する場合:
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「Digital Crown を押す」をオン
■ Apple Watch から確認する場合:
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「Digital Crown を押す」をオン

④ Siri の文字盤をタップして話す

Siri 文字盤からタップして話しかけるという方法もあります。

Siri 文字盤のコンプリケーションにSiri アイコンを配置するだけで、ワンタップで呼び出せるようになります

しかし、Siri 文字盤のコンプリケーションしか設定できないこともあり、アクセス性から考えて「Hey Siri」と呼びかけたり、「デジタルクラウンを長押し」する方がスマートかもしれません。

■ iPhone から設定する場合
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 画面下の「文字盤ギャラリー」をタップ
  3. 「Siri」文字盤をタップして作成
  4. 丸いコンプリケーションに「Siri」を設定
■ Apple Watch から設定する場合
  1. 文字盤を長押し
  2. 一番右の文字盤まで左フリックして「新規(+)」をタップ
  3. 「Siri」文字盤をタップして作成
  4. 丸いコンプリケーションに「Siri」を設定

Siri のよく使う設定3選

ここでは、Siri を快適に使用するための設定を3つご紹介します。

  1. 声 または テキストで答えるか設定する
  2. 音量の調節をする設定する
  3. 言語・声を切り替える

(1)声 または テキストで答えるか設定する

Siri は通常音声で答えてくれるものですが、場所によっては声で答えてくれない方が良いシーンもありますよね。

通常時は声で答えてくれ、マナーモード時はテキストで答えてくれるように設定することが可能です。

設定は、「Siri の音声フィードバック」という項目で行います。

■ iPhone から設定する場合
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「音声フィードバック」をタップ
  4. 「消音モードで制御」をタップ
■ Apple Watch から設定する場合
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「音声フィードバック」をタップ
  4. 「消音モードで制御」をタップ

なお、それぞれの設定内容は次のとおりです。

  • 常にオン → 常に音声で答えてくれます
  • 消音モードで制御 → 消音モード(マナーモード)時はテキストで答えてくれます
  • ヘッドフォンのみ → Bluetoothイヤホン接続時のみ音声で答えてくれます

(2)音量の調節をする設定する

Siri の音量が大きいと感じる場合は設定で変更することができます。

■ iPhone から確認する場合:
  1. 「Watch」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「声の音量」からシークバーを左右に動かし変更する
■ Apple Watch から確認する場合:
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「声の音量—スピーカー」からスピーカーアイコンをタップして変更する
    ※1度タップした後はデジタルクラウンを回すことでも変更できます。

(3)言語・声を切り替える

使用したい言語を日本語から変更したい場合や、Siri の声を変更した場合は次のように変更します。

■ iPhone から確認する場合:

できません。Apple Watch から変更しましょう。

■ Apple Watch から確認する場合:
  1. Apple Watch の「設定」アプリをタップ
  2. 「Siri」をタップ
  3. 「言語」「Siri の声」をタップして変更する

Apple WatchやApple製品を買うならどこがオススメ?

アップルウォッチはどこで買うのがおすすめ?

おすすめはamazonです。理由は次の通りです。

  • Apple公式ストアが販売(公式だから安心)
  • 他ECサイトに比べ割安(特にプライムデーなどのセール時は無茶苦茶安い)
  • ポイントが貯まる(超お得、プライム会員は高還元率
  • 配送が早い(いち早く製品とご対面)
  • AppleCare+もつけれる(安心の保証)

これらの理由から、Apple WatchやApple製品は、amazonで買うのがオススメです。

さらに!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Apple Watch で Siri を使用する方法をご紹介してきました。

ぜひあなたのスタイルにピッタリな方法でSiriを活用され、よりスマートなApple Watchライフをお送りくださいね!

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)


Apple Watch 8 / SE2 / Ultra ▼


▼ Apple Watch 7 / 6 / SE / 3


※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

※ 本サイトのリンクには一部アフィリエイトリンクが含まれることがあります。

※ 本サイトは著作権・肖像権等の権利侵害を目的としたものではございません。問題がある場合にはお問合せフォームよりご連絡ください。迅速に対応致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる