Apple Watchに保護フィルムはいらない?必要な理由とメリット・デメリット

Apple-Watch-保護フィルムはいらない?-必要な理由とメリット・デメリット

Apple Watchに保護フィルムはいらない?

あなたは今、こんな疑問に直面していませんか?

いらないと思う理由には、

  • Apple Watch本来の見た目を楽しみたい!
  • 保護しなくてもキズなんかつかない!
  • 無駄な出費を抑えたい!

など、色々あると思います。

結論から申し上げると「Apple Watchを大事にしたい」「キズがつくことが耐えられない」という方は、ぜひ保護フィルムを活用すべきです。

この記事では、保護フィルムが必要な理由や、つけた場合のメリット・デメリットをご紹介しています。

ぜひご参考にしていただければ幸いです。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)

目次

保護フィルムを不要と思う理由

あらためて、保護フィルムを不要と思う理由を列挙してみました。あわせて、必要と考える理由も添えてみましたのでぜひご覧ください。

  1. Apple Watch本来の見た目を大事にしたい
    傷がついたらそれこそショックではありませんか?!
  2. キズはつかないと思っている
    実際キズがつくこともあります!
  3. 落とさないと思っている
    着脱時は落下の危険性があります!
  4. フィルムは指紋や汚れがつきやすくなる
    汚れにくいフィルムもあります!
  5. 貼るのが難しく気泡が入ったりする
    気泡が入りにくいフィルムもあります!
  6. 使用中に剥がれてくる
    剥がれにくいフィルムもあります!
  7. タップなどの操作に支障がでる
    極薄で支障がでにくいものもあります!
  8. Apple公式で販売してない
    綺麗なままだと次モデルが売れないという理由も?!
  9. お金がかかる
    リーズナブルなフィルムもあります!

など色々ありますよね。

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

① Apple Watch本来の見た目を大事にしたい
引用元:Apple Newsroom

Apple Watch本来の見た目は大事にしたいもの。しかし、使用しているとキズはつきます。車でも何でもそうですよね。これは避けられません。

画面に傷や破損が生じると、それこそ本来の見た目ではなくなりもっとショックではないでしょうか。フィルムなら細かい傷は自然に修復するものもあります。

もしキズつくことに抵抗をお持ちならフィルムで保護すべきです。

② キズはつかないと思っている

Apple Watchのガラスや本体にキズはつかないと思っている方も多いのではないでしょうか。

ただ実際はそんなことありません。確かにSeries 7で最大2倍、耐久性がアップしました。

それでもアルミニウムモデルは、Ion-Xガラスといって決して強くないガラスが画面部分に使われています
さらに、ステンレス、チタニウムモデルのサファイアガラスであっても、公園の砂に含まれる石英で擦れば傷はつきます

Apple Watchはキズがつかないのではなく、つきにくいだけなのです。
そういう意味で、しっかりとフィルムで保護してあげるべきなんです。

③ 落とさないと思っている

腕につけるものなんだからそもそも落とさない。落とさないから傷つかない。そうお考えの方もいらっしゃるはず。

でもApple Watchは充電が必要です。充電する際は手首から外さなくてはなりません。この際に手からこぼれ落ちると…、傷の原因になりますよね。

「あのときフィルムを貼っていれば…」と後悔しないためにも貼り付けておくのがおすすめです。もちろんフィルムとあわせて保護ケースをつけるとより安心できます

④ フィルムは指紋や汚れがつきやすくなる

確かに、一昔前のフィルムは指紋だらけになりました。でも最近のフィルムは違います。本当にキレイ。汚れはつきにくいし、サッと拭けば綺麗になります

ただ持って1年。表面の綺麗さはコーティングが剥げて劣化します。それでも、Apple Watchを保護してくれることには変わりありません。

また、フィルムは2枚以上入っているものが多いので、汚れがつきやすくなったかな、と感じた際に新しいものに貼り替えてあげるだけで良いんです。

⑤ 貼るのが難しく気泡が入ったりする

気泡が入ることにトラウマ感情を持つ方も多いのではないでしょうか。それで見た目が損なわれるならフィルムなんて貼らない方が良い、確かにそうです。

でも最近のフィルムは違います。時間経過とともに気泡が消えていくものが多いんです。さらには専用キットが付属し、簡単に貼り付けできるものも多いです。

最新の保護フィルムなら、気泡レスでクリアな見た目を楽しむことができます。

⑥ 使用中に剥がれてくる

外側からめくれてはがれるのが嫌と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、最近のフィルムは3D構造でアップルウォッチの緩やかなカーブラインにしっかりフィットする作りになっています。

服などがこすれても縁側からめくれてダメになると言うことが非常に少なくなっています。

⑦ タップなどの操作に支障がでる

フィルムを貼ると、その厚さでタップの反応が悪くなる。そう考える方もおられるでしょう。

でも、最近のフィルムは0.数ミリの厚さで、極薄です。ゆえに操作に干渉するようなことはまずありません。サクサク操作できます。

ちなみに透過率99.9%と表記するフィルムもあるほど最近のフィルムはクリアで薄いです。

⑧ Apple公式で販売してない

「Apple公式で販売がないならフィルムは不要なんじゃないの?」そう思われるかもいらっしゃいますよね。

でも、綺麗なままだと次のシリーズが売れない原因になるとも思いませんか?自社製品を大切に長く愛用して欲しいと思う気持ちがある一方で、消耗して欲しいというのが正直なところなのではないかと思います

だからこそ、画面耐久性はSeries 7では進化していますし、それでも防ぎきれないキズは、自分の手で保護してあげる必要があります。Appleが販売していないからフィルムが要らないという理由にはなりません。

状態が良くないと下取り価格も下がります。そういう意味でも保護フィルムはあったほうが良いと言えます。

⑨ お金がかかる

保護フィルムに限らず、ケースやバンド、充電スタンドなどアップルウォッチ以外のアクセサリー製品で出費がかさばるのは避けたいところです。

でも、傷や破損で買い替えることになったり、下取り価格が下がって損をするなどもありえます。

今は千円ちょっとのリーズナブルな価格で複数枚入りのフィルムが手に入ります。いろいろなリスクを天秤にかけるなら、フィルムでしっかりアップルウォッチを保護してあげる方が良いと言えるでしょう。

保護フィルムが必要な理由

欲しい必要

次は保護フィルムが必要な理由です。

理由はズバリ、

  • アップルウォッチを保護できる。
  • キズ・破損・ホコリ・汚れなどを防止し、アップルウォッチの劣化を遅らせることができる。

からです。繰り返しになり恐縮です。

ただ、これだけならいいことずくめです。

でも付けないという選択肢が頭をよぎるのは、先ほどお話しした「不要と思う理由」があるからでしょう。

でも、どの「不要と思う理由」についても「必要と考える理由」がありましたよね。

電子機器も共通ですがApple Watchも消耗品です。長く持たせるためには、保護フィルムはつけた方が良いと言えます。

保護フィルムのメリット・デメリット

ここでは、保護フィルムのメリット・デメリットを整理しましょう。

メリット
  • 画面を傷・チリ・汚れなどから保護できる
  • 下取り価格の低下を抑えられる
デメリット
  • 購入にお金がかかる

実際これだけです。

「不要と思う理由」であげているほど、デメリットはありません。購入時にお金がかかるくらいです。

最近の保護フィルムは、指紋や汚れも付着しにくく、気泡も時間と共に抜けていき、使用中に剥がれることもなく、タップなどの操作に支障をきたしません。もちろん見た目もクリアなままで、まるで貼っていないかのような見た目です。

使用面でのデメリットもなく、単純にアップルウォッチの画面を保護でき、あとはお金と折り合いがつくのなら、ぜひ保護フィルムはとりつけるべきですよね。

画面に傷がつくのが耐えられないならなおさらです。

おすすめの保護フィルム3選

ここでは、実際にどんな保護フィルムがあるのか、おすすめを3つご紹介します。

どれも性能的に大差はありません。
セールだったり価格変動だったり、その時にリーズナブルなものを選ぶと良いでしょう。

サイズだけは間違わないようにご注意くださいね!

おすすめはのフィルムはこちら!

ケースと合わせて使うとより防御性能アップ

画面だけでなく、本体部分も保護したいという場合は、ケース製品も合わせて使用すればよりアップルウォッチを保護できてGoodです。

その場合、全面を保護するケースではフィルムと干渉してしまうので、画面部分のガラス保護がないケースがおすすめです。

画面部分のない保護がないケース

画面保護があるものでも、以下は干渉しませんでした!タップ感度も良好です!

全面保護ガラスや全面保護ケースという選択肢も

保護フィルムよりもしっかりとアップルウォッチを保護したいという場合には、画面全面を保護するガラスカバーや、全面保護ケースをつけるという選択肢もあります。

全面保護ガラス製品

全面保護ケース製品

全面ガラス、全面ケースはこちらの記事でも紹介しています!

Apple WatchやApple製品を買うならどこがオススメ?

アップルウォッチはどこで買うのがおすすめ?

おすすめはamazonです。理由は次の通りです。

  • Apple公式ストアが販売(公式だから安心)
  • 他ECサイトに比べ割安(特にプライムデーなどのセール時は無茶苦茶安い)
  • ポイントが貯まる(超お得、プライム会員は高還元率
  • 配送が早い(いち早く製品とご対面)
  • AppleCare+もつけれる(安心の保証)

これらの理由から、Apple WatchやApple製品は、amazonで買うのがオススメです。

さらに!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、保護フィルムが必要な理由、つけた場合のメリット・デメリットをご紹介してきました。

保護フィルムの良さについて少しでも感じていただけたでしょうか?

これを機に、保護フィルムを活用され、大切なアップルウォッチを長く愛用いただければ嬉しいです。

このほか Apple Watch に関する情報続々公開中!

ほかにも Apple Watch に関する様々な情報を こちら でご紹介しています。ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。
>> Apple Watch に関する他の記事を読んでみる(上の こちら と同じリンク)


Apple Watch 8 / SE2 / Ultra ▼

Apple(アップル)

▼ Apple Watch 7 / 6 / SE / 3

Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)
Apple(アップル)

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

Apple-Watch-保護フィルムはいらない?-必要な理由とメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる