\ 7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催! /詳細を見る

【解説】Apple Watchをやめる理由とは?やめない理由も考えてみた

時々耳にする、「Apple Watchやめた」宣言。

人それぞれ考え方は様々なので、「やめる」ことや「やめた宣言」は、致し方ありません。

ですが、なぜ、このような気持ちや結論に至るのか、理由が気になりませんか?きっと、これからApple Watchを検討する方にとって役に立つ情報が込められているように思います。

そこでこの記事では、この「Apple Watchをやめる理由」について、紐解いていきたいと思います。と、同時にやめない理由も添えてみました。

ぜひ、Apple Watchの検討に、お役立ていただけますと幸いです。

このほかにも、Apple Watch に関する様々な情報を以下リンクでご紹介しています。ぜひあわせてお読みいただけますと幸いです。
Apple Watch に関するほかの記事も見てみる>>
目次

Apple Watchをやめる理由

Apple Watchをやめる理由

これには様々な理由があると思います。嫌になった、脱したい、機能が不満、などなど。

具体的にどのような理由が世間で飛び交っているのか、見ていきたいと思います。

バッテリー持ちが悪い

バッテリー持ちが悪い

まずはこれ、バッテリー持ちが悪い、です。Apple Watchのバッテリー持ちが悪いことは、よく話題になっています。18時間というバッテリー時間は、1日1回の充電を必須とし、この手間を嫌うユーザも多いです。

ただ、充電を毎日のルーティンに組み込んでしまえば、苦もなく毎日充電することができます。また、2台持ちで充電問題を回避する方法もあります。このほか、モバイルバッテリーなどを持ち歩くなども、簡単にできる対策です。

[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://tokeitan.net/is-it-great-to-have-two-apple-watches/ target=_blank]

[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://tokeitan.net/2021-apple-watch-magnetic-charging-dock-mobile-battery-recommended/ target=_blank]

脱Appleしたい

脱Appleしたい

iPhone、MacBook、AirPod Proや、Apple Watch など、気がつくと身の回りの電化製品がApple製品で埋め尽くされている。そんな状況に嫌気がさし、脱Appleをしたいと考えるユーザもいるようです。

でもこれまで、便利で使いやすい、見た目もスタイリッシュで好き、そう考えてApple製品を手にされてきたのではないでしょうか。同じ製品でないと連携できない、という制限もありますが、どの企業でもそれは言えること。

iPhoneからAndroidに切り替えて、その後すぐにiPhoneに戻ったと言う経験があります。同じ会社の製品に囲まれると、不安や心配にかられる気持ちにかられるんですよね。

しかし、利便性を考えた時にどうなのか自分が本当に求めているものは、と言う視点も必要なのではないでしょうか。

その上で脱Appleしたい、そう考えに至るのであれば、それはそれで良いのです。

大きい、分厚い、四角い

大きい、分厚い、四角い

大きい、分厚い、四角いなど、アップルウォッチのデザインに対して否定的な意見を持つユーザも多いようです。

操作性や機能性、技術的な関係で、今のサイズから小さくしたり薄くすることはなかなか難しいことのように思います。

しかし一方で、本体を保護するケースやバンド、設定から文字盤などをカスタマイズできるのも事実です。ビジネスやファッション、その時々の気分で様々なカスタマイズができ、オリジナリティを出せるのはアップルウォッチの良いところかと思います。

時計としての機能に不満

時計機能に不満

バッテリー消費を抑えるため、腕をあげた時や画面タップ時だけ文字盤が表示される、こういった時計としての機能に煩わしさを感じるユーザも多いです。

ただ、Series 6 であれば、常時表示の機能もあります。時計として常に時刻を表示したいなら、こちらを選択するという手もあります。

機能はiPhoneで網羅できてる

機能はiPhoneで網羅できてる

iPhoneがあれば満足、機能的に網羅できてる、そう考える方も多いでしょう。

確かに、Apple Watchは機能的に焼き増し感があります。しかし、通知一つとっても、ポケットに入れているiPhoneと、手首のApple Watch、どちらが通知に気付きやすいでしょう。間違いなくApple Watchです

また、Apple Watchの真髄は、運動測定や健康管理機能にあるとも言えます。これはウェアラブルデバイスだからできることで、iPhoneにできることではありません。

つまり、Apple Watchにしか実現できない機能や使い方があるわけです。ある程度iPhoneの機能もこなせ、運動測定や健康管理もできる、いわばハイブリッド的な電化製品とも言えるのでしょう。

通知に振り回されたくない

通知に振り回されたくない

通知が多すぎる!煩わしい!
通知に振り回されたくない!

という意見もよく耳にします。

これは、当たらずとも遠からず、です。実際、通知の数はiPhoneと変わらなくとも、手首でそれを受ければ、必然的に通知に気付いてしまう回数が増えてしまいますね。

でも実は、アプリごとに通知が来ないような設定を行うこともできます。Apple Watchを持っているからといって、必ずしも通知に振り回されるわけではなく、設定次第で必要な通知のみに絞ることもできるんです。

1日中行われるデータ測定からの解放

1日中データ測定からの解放

やれ、健康を記録、やれ、運動データを測定。ずっと何かに見張られている状態は、監視されているようで、強いストレスを感じる方も多いようです。

確かに、ほぼ1日着用して、データを取得され続けると、この仕組みに馴染めない方にとっては辛いかもしれません。

でも、Apple Watchがあるからといって、1日中ずっと着ける必要はありません外しておく機会を設けることも大事だと思います。必ずしもずっと着けている必要はないんです。

『Apple Watch=ずっとデータ測定しないとダメ、ずっと着けてないといけない』もしそうお考えなら、一度その発想は手放してしまいましょう。「今日は○時間外しておこう」「今日1日はApple Watchから離れて生活してみよう」、そんなタイミングを作っても良いのだと思います。

ご自身のスタイルで、Apple Watchライフを楽しまれることが、一番重要ではないでしょうか。

手首の肌荒れが気になる

手首の肌荒れが気になる

長時間Apple Watchを身に着けていると肌が荒れるという悩みも持つユーザもいます。これは通常の腕時計も変わりませんが、特に肌があれやすい方は注意が必要になります。

左右交互に着用したり、さき程の通りいっそ着用しない日を作ったりと、体に休息をあげるのも良いことかと思います。

なお、半年にわたって毎日着用していても、特に肌荒れを起こすことはありませんでした。もちろん、充電のために夕食・お風呂の際は外していましたが。

やめる理由は大きく2種

ここまで、やめる理由とやめない理由についてご紹介してきました。すると、やめるユーザの特徴が大きく2種であることに気づかされます。

  • Apple Watchの真髄に気づけていないかもしれない
  • 批判してもAppleには期待している

Apple Watchの真髄に気づけていないかもしれない

Apple Watchの真髄に気づけていないかもしれない

先ほどもご紹介しましたように、Apple Watchの真髄は、iPhoneと連携しつつも運動測定や健康管理といったウェアラブルデバイス特有の機能を持つ、ハイブリッド的な存在である、ということです。

運動測定や健康管理の機能を必要としない方は、それこそ普通の腕時計でよかったり、通知が手首で鳴るのが嫌な方は、iPhoneのみでよかったりするでしょう。

でもお店のレジで財布やiPhoneを出すのが手間と思われたことはないですか?Apple WatchならApple Payに対応しているので、手間を減らすことだってできちゃいます。小銭を扱う日常からは遠のきました。

このほか、Apple Watchはこの記事では取り上げることができなかった数多くの機能にも対応しています。以下でご紹介していますので、ぜひあわせてご覧いただけますと幸いです。

[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://tokeitan.net/recommended-features-of-apple-watch-from-famous-to-niche/ target=_blank]

批判してもAppleには期待している

批判してもAppleには期待している

一見、批判とも取れる「やめる」「やめた」宣言。ですが、この真意は「こうあって欲しい」「ああいう風になってほしい」の裏返しではないか、というとらえ方もできます。つまり、期待度合いは違えど、みんなAppleに少なからず期待している、ということです。

ユーザとして使っていくためには、やはり自分好みに充実した機能や見た目であってほしいもの。「バッテリーを長持ちさせてほしい」「他会社の製品とも連携できるようにしてほしい」など。「やめた」宣言は、こういった、製品の質や性能を向上させる要素の一つに思えて仕方ありません。

今は期待を裏切られたものや十分満足できないものもあるでしょう。しかし、今後のAppleとApple製品の行く末には、みんな期待しているのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、「Apple Watchをやめる理由」を「やめない理由」を添えて、ご紹介してきました。

このほかにも、Apple Watch に関する様々な情報を以下リンクでご紹介しています。ぜひあわせてお読みいただけますと幸いです。

Apple Watch に関するほかの記事も見てみる>>

今のApple Watchは、「やめる理由」に該当するものももちろんあります。ただ、「やめない理由」に置き換えることができたり、その他の面で機能が充実していたりと、使い方次第で私たちの暮らしを豊かでスマートなものにしてくれるのも事実です。

[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://tokeitan.net/recommended-features-of-apple-watch-from-famous-to-niche/ target=_blank]

ぜひ、Apple Watchで、より豊かで、よりスマートな暮らしを手に入れられてみてはいかがでしょうか。

▼Apple Watch 6 GPS+Cellular 44/40, GPS 44/40

▼Apple Watch SE GPS+Cellular 44/40, GPS 44/40

▼Apple Watch 3 GPS 42/38

▼Apple Watch▼

Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる

▼Apple Watch NIKE▼

Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる