\ 7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催! /詳細を見る

腕時計の風防でよく使われている「サファイアガラス」とは?

サファイアガラス
はてな

最近、腕時計の風防(文字盤を保護するカバーガラス)として採用されることの多い「サファイアガラス」。腕時計を選ぶ上で大切なパーツの一つではありますが、サファイアガラスってそもそも何?この記事ではそんな疑問に触れていきます。

目次

サファイアガラスって?

サファイアガラス

サファイアガラスとは、(天然ではなく)人工的に作り出されたサファイアのことで、次のような特徴を持っています。

  • 非常に硬く、傷がつきにくい
  • 耐熱温度が 2,000℃と非常に高いため、生活熱で変形しない
  • 腐食しにくく、錆びたり壊れたりしにくい
  • 光透過性が高く、サファイアガラスを通して見ても曇ったり見づらくならない

要するにとっても頑丈ということですね。

硬いってどれくらい?

硬い

では硬いと言っても実際どの程度硬いのか、その硬さについてに少し触れたいと思います。

硬さを示す基準に「モース硬度」というものがありますが、サファイアガラスはこの基準で「9」という値を誇っています。

因みに自然界でもっとも硬い鉱石と言われるダイヤモンドの「モース硬度」が「10」です。

以下は、モース硬度の一例です。

  • 10ダイヤモンド(自然界でもっとも硬いと言われている)
  • サファイアガラス(EVERY SINGLE UNIT の風防に使用)
  • 砂埃に含まれる石英など
  • ゴリラガラス(スマホやタブレットに使用されている)

サファイアガラスがどれだけ硬い素材であるのか、少しはイメージいただけましたか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「サファイアガラス」について触れてきました。その特徴は、

  • とにかく硬いから傷などがつきにくい
  • 透明度が高いため見やすい

というものでした。

時計選びの際にぜひご参考にしていただきますと幸いです。

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

サファイアガラス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる