\ 7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催! /詳細を見る

【解説】集合写真で大活躍!Apple Watchのカメラアプリでできること

Apple Watchのカメラアプリって何ができるの?
集合写真の際に手が足りなくて困った、手元のApple Watchで何とかならない?

こんなことを思われたことはないでしょうか。

実は、Apple Watchの「カメラ」アプリは非常に機能的で便利なんです。集合写真の困った、も解決できます。

この記事では、Apple Watchの「カメラ」アプリでできることと、その使い方をご紹介しています。

ぜひ、Apple Watchのカメラ機能を使いこなし、よりスマートなApple Watchライフをお過ごしいただければと思います。

目次

Apple Watchの「カメラ」アプリでできること・使い方

それでは、Apple Watchの「カメラ」アプリできることと、その使い方をご紹介していきます。

  1. 「カメラ」アプリの起動方法
  2. 各種設定でできること

①「カメラ」アプリの起動方法

まずは、「カメラ」アプリの起動方法です。次のとおり、おおきく3つの起動方法があります。

  • (A)アプリ一覧から起動する
  • (B)文字盤から起動する
  • (C)Siriから起動する

(A)アプリ一覧から起動する

Apple Watchのアプリ一覧から「カメラ」アプリを起動する方法です。次の手順で起動することができます。

■具体的な起動方法:

①Apple Watchのデジタルクラウンを押す

デジタルクラウンは、Apple Watch本体についている、クルクルと回るボタンのことをいいます。デフォルトポジションで右上に位置します。

②アプリ一覧の「カメラ」アプリをタップ
カメラアプリをタップ

これだけです。

(B)文字盤から起動する

文字盤から「カメラ」アプリを起動する方法です。事前に文字盤に登録しておく必要がありますが、カメラをよく使う方にとっては、いつも見ている文字盤からすぐ起動することができるので、とても便利です。

ここでは、ひとつの文字盤を例として、起動方法・事前の設定方法をそれぞれご紹介します。

■文字盤からの起動方法:

①文字盤の「カメラ」アプリをタップ
文字盤のカメラアプリをタップ

②iPhone側のカメラ映像がApple Watchに投影される
Apple Watchにカメラ映像が投影される

■事前の設定方法:

①文字盤を長押しし、一番右の画面になるまで左フリックし続ける
画面を長押しし、左へフリックし続ける

②一番右の画面で「+」をタップ
「+」をタップ
③設定したい文字盤(ここでは”インフォグラフ”)までスクロールし、タップ
※スクロールはデジタルクラウンを回してできます
④文字盤画面に戻るので、再度画面を長押し
再度、画面を長押し
⑤「編集」をタップ
画面下の編集をタップ
⑥左にフリック
左にフリック
⑦カメラを配置したい場所をタップ(ここでは”赤枠内”)
配置したい場所赤枠内をタップ
⑧下へスクルールし、「カメラリモート」をタップ
※文字盤、コンプリケーションによって表記が異なる場合があります。
⑨文字盤に「カメラ」アプリが追加される
⑩あとは繰り返しデジタルクラウンを押し、ホーム画面に戻る

これで追加完了です。

お気に入りの文字盤がある場合は、そちらに「カメラ」アプリを追加することでも、もちろんOKです。

(C)Siriから起動する

Siriから起動する方法です。次のように話しかければ、「カメラ」アプリを起動することができます。

『Hey Siri, カメラを起動して』

これだけです。

②各種設定でできること

Apple Watch の「カメラ」アプリでは、画面右下の「・・・」から各種設定を変更できます。
カメラアプリの設定

ここでは、「・・・」からできることについて、ご紹介していきます。

  • (a)タイマー
  • (b)前面・背面
  • (c)フラッシュ
  • (d)LIVE PHOTOS
  • (e)HDR

(a)タイマー

オン・オフを切り替えることができます。また、オン・オフそれぞれの動作は次の通りです。

  • オン・・・3秒タイマー固定、撮影時バースト撮影(シャッター回数が連続10回)
  • オフ・・・撮影ボタンと同時に撮影、シャッター回数は1回

ある程度Apple WatchとiPhoneの距離が離れていても、手元のApple Watchでシャッターを切ることができます。シャッターボタンをタップしてから、カメラに目を向けるといったことが可能になるため、このタイマー機能は、集合写真などで非常に重宝します。

(b)前面・背面

iPhoneカメラの前面または背面のどちらを使用するかを選択できます。

通常は、何かを撮影するときは背面、自撮りでは前面を使用することが多いかと思います。

ただ、Apple Watch使用時は、Apple Watchに映像が映ります。Apple Watchで映像を確認しながら、画質の良いiPhoneの背面カメラで撮影するという方法を取ることができます。

(c)フラッシュ

自動・オン・オフから選択できます。

基本的に自動で問題ありませんが、場所によってはフラッシュNGのシーンもあります。そういう場合はオフに切り替えましょう。

(d)LIVE PHOTOS

オン・オフから選択できます。

LIVE PHOTOSは、いわゆる1秒撮影のようなイメージで、写真と動画の中間のような撮影が可能です。

(e)HDR

オン・オフから選択できます。

HDRは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、逆光や暗所で綺麗に撮影するための機能です。基本的にオンで問題ないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Apple Watch のカメラアプリでできることと、その使い方についてご紹介してきました。

このほかにも、Apple Watch に関する様々な情報をご紹介しています。ぜひあわせてお読みいただけますと幸いです。

Apple Watch に関するほかの記事も見てみる>>

Apple Watchなら、自撮りや集合写真のような、手が足りなくて困る際や、Siriからサッと操作でき、非常に便利です。

Apple Watchのカメラ機能を使いこなし、よりスマートなApple Watchライフを過ごしましょう!

▼Apple Watch▼

Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる

▼Apple Watch NIKE▼

Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる
Apple(アップル)
\7/12,13 Amazonプライムデー開催!最大12%ポイント還元も同時開催!/
Amazon で見てみる

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる