新型 Apple Watch SERIES 6 の噂情報まとめ

Apple Watch
目次

そろそろ新型AppleWatchが公開?!

新型 Apple Watch SERIES 6 の情報が噂されていますね。9月に入ってその勢いが増してきたように思います。

実際、Apple Watch 5も世界的に在庫がない状況になっているんだとか。

そんなこんなで、そろそろ新しい情報も出てきそうです。そこで、これまで噂されている新型AppleWatchの情報を簡単ですがまとめてみました。

いつ発表?

現地時間で2020年9月16日2時に、Appleはイベントを開催する予定とのこと。その場で「新型AppleWatch6の情報が発表されるのでは」と噂されています。ワクワクしますね。待ち遠しいですね。

いつ発売?

先ほどのとおり、公式な発表は2020年9月16日2時になると思われますが、2019年に発売されたApple Watch 5は、発表した週の金曜日に予約開始、さらにはその1週間後に発売という流れでした。

おそらく2020年もこの流れを汲むものと思われます。

<2019年の Apple Watch 5 の発売スケジュール>

  1. 発表 → 現地時間 2019年9月10日(火)10時
  2. 予約開始 → 2019年9月13日(金)21時
  3. 発売 → 2019年9月20日(金)

<2020年の Apple Watch 6 の発売スケジュール(予想)>

  1. 発表 → 現地時間 2020年9月16日(水)10時
  2. 予約開始 → 2020年9月18日(金)
  3. 発売 → 2020年9月25日(金)

価格は?

残念ながら「これっ!」といった情報は出ていないようです。ただし、Apple Watch 5 とほぼ同じ価格になるのでは、と噂されていることが多いです。その理由としては、次のことがあげられると思います。

  1. コロナで消費が落ち込んでいる → 価格をあげては売れない
  2. 単に価格を上げて欲しくない → 切実
  3. Apple Watch 5 と同種の後継モデル → 2020年度版Apple Watch 5のイメージ
  4. これまでも値上げはなかった → 実績あり

パワーアップや機能追加は?

ところで、Apple Watch 6 は、どのようなパワーアップや機能追加の噂があるのでしょうか。次がよく噂されています。

  1. バッテリーが長持ちになる?
  2. 健康管理機能がパワーアップ?
  3. 便利さがパワーアップ?

ひとつ一つみていきましょう。

①バッテリーが長持ちになる?

新液晶ディスプレイは有機ELディスプレイ→MicroLEDになるとの噂されています。MicroLEDになると、より消費電力を抑えることができ、バッテリーの長持ちに貢献すると言われています。

②健康管理機能がパワーアップ?

ティム・クック氏によると、「Apple社製品は健康管理で貢献する」というようなことを過去に発言されておりました。

Apple Watch 6では、この健康管理機能をより強化してくるものと思われます。噂では次のようなものがあります。

  • SpO2(血中酸素飽和度)の測定が可能に?
  • 血糖値が測定可能に?
  • 睡眠トラッキングが可能に?
  • 心電図(日本非対応)が測定可能に?

SpO2(血中酸素飽和度)の測定が可能に?

新型コロナの影響で話題となっているSpO2(血中酸素飽和度)の測定が可能になると噂されています。いわゆるパルスオキシメーターの機能で、簡単には、血液中に含まれる酸素の度合い(値)を測定します。

気管支喘息や肺炎では、血液中の酸素飽和度が低下することから、肺炎を併発する新型コロナの発症を AppleWatch 6 なら気づことができるということになります。

Apple Watch 6 を医療用としての使用は認められないでしょうが、この機能が搭載されれば、自己の健康管理に必ず役に立ってくると思います。

血糖値が測定可能に?

血糖値の測定が可能とも噂されています。

糖尿病患者の方などの医療用としての使用は認められないと思われますが、自己の健康管理ツールとしては、必ず役に立つものと思われます。

睡眠トラッキングが可能に?

健康の要とも言われる睡眠の状況を記録することができるようになると噂されています。

睡眠時間や睡眠の質などがわかれば、睡眠の改善に繋げ、ひいては健康管理に役立てることができると思われます。

心電図(日本非対応)が測定可能に?

すでにApple Watch 5 では搭載している機能で、海外ではその使用が認められていますが、日本では認められていませんでした。

ところが、つい先日、2020年9月4日にAppleの心電図アプリが国内医療機器としての承認を得たということです。

これにより、不整脈や脳梗塞などの疾患やその前症状などに対し、早期に気づきを得られる可能性がアップし、健康管理としての役割がさらに向上するものと思います。

③便利さがパワーアップ?

Apple Watch 6 では便利な機能も搭載されるのではと噂されています。

  • Touch IDが搭載?
  • 耐水性がアップ?

Touch IDが搭載?

Apple Watch 6 では、Touch IDが搭載されると噂されています。

Apple のスマートフォン、iPhone 6 から 8 に搭載された機能で、指紋を使った生体認証のことです。

Apple Watch 5 ではパスコードの入力が求められるシーンでも、Apple Watch 6なら、「デジタルクラウン」と呼ばれるケース横にある大きなボタンに指をあてることでロックを解除できるようになるものと思われます。

耐水性がアップ?

耐水性のアップも噂されています。

Apple Watch 5までは浅い海やプールなどでの水泳やアクティビティに使用できる50m耐水性能でしたが、これがダイビングが可能な耐水性にパワーアップすると噂されています。

ここまでパワーアップすれば、もう水に濡れることを全く気にしなくてもよくなりそうですよね。

その他、パフォーマンスアップなども噂されていますが、この記事では割愛したいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、新型 Apple Watch SERIES 6 の噂情報を簡単ですがまとめてみました。

今年も9月に入り、そろそろ新型 Apple Watch を含め Apple社製品の発表時期となりましたね。

まだ噂レベルではありますが、毎年この時期はワクワクがとまりませんね。本当に待ち遠しいです。

この記事があなたのスマートウォッチライフの一助になっておりますと幸いです。

あなたが素敵なスマートウォッチと出逢えることを願っております。

※ 本サイト掲載の各製品へのリンクは、状況により価格変更・売り切れ・代替品が表示される場合があります。何卒ご容赦ください。

※ 本サイトのリンクには一部アフィリエイトリンクが含まれることがあります。

※ 本サイトは著作権・肖像権等の権利侵害を目的としたものではございません。問題がある場合にはお問合せフォームよりご連絡ください。迅速に対応致します。

Apple Watch

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる